ケース2ご依頼者様:40代女性

自分に全く過失の無い自動車同士の事故に遭い、保険会社は依頼者様の車両を
全損と判断しました。
相手側保険会社は車の賠償額を提示してきたが、その示談額に疑問を感じ、
当事務所へご相談がありました。

当事務所はまず損傷車両の状態を細かく確認。
その後、相手側保険会社に対して車の時価額を証明する各種資料を送付。
相手側の当初提示していた額に30万円を上乗せして示談が成立しました。