サービス内容

交通事故の示談交渉

自動車の交通事故があった場合、当事者同士で話し合いを行い、お互いの責任の割合に基づき金額を決めるのが示談です。ここでは、示談とはなにか、どれくらいの時間がかかるのかなどを中心に、司法書士に示談交渉を代行してもらうサービスのメリットについて説明します。

自動車の交通事故が発生した際、当事者同士で示談交渉を行い、賠償金額の決定とその支払いについて取り決めます。この約束を「示談」と呼び、決まった内容について記した書類を「示談書」と呼びます。

示談ならびに、その内容が記載された示談書は、法的な効力を持っています。そのため、ここで定められた金額が支払われた後は、示談時に提示された金額以上の損害があったとして原則的には請求できません。交渉の席では、自身に必要な賠償額をきちんと見極めて請求することが大切です。

物損事故

自動車の修理費用の請求書・見積書、レッカー代、修理時の代車費用の請求書、交通事故証明書など。
交通事故の場合は、警察へ必ず届出てください。

示談交渉

自分自身で示談交渉によって解決しようとすると労力と時間がかかってしまい、普段仕事をしている方にとっては大きな負担となってしまいます。

そこで、示談交渉を本人に代わって司法書士が代行するものです。必要書類の提出や事故状況の伝達を行えば、後は司法書士が示談交渉を行いますので、時間や労力を削減できます。

さらに、自動車の交通事故に関する知識が豊富な専任担当者が対応しますので、本人が対応するよりも交渉がスムーズにまとまりやすいのもメリットです。

特約をこんな時でも活用することができます

自分が加入している保険に弁護士費用特約がついてなくても、同居の家族(6親等以内の血族・3親等以内の姻族)が加入している保険の特約を使用することが可能です。
自分が加入している保険に弁護士費用特約がついてなく、独身で一人暮らしの方でも、両親の保険の特約を使用することが可能です。