交通事故の損害

損害の分類等

交通事故が起こった場合の損害を分類すると、以下のとおりになります。

交通事故の損害

・人身損害 〔人的損害、人損〕

人身損害〔人的損害、人損〕とは、生命・身体に対する侵害により生じた損害です。

そして、その中の財産的損害については、積極的財産生涯と消極的財産損害に分かれます。

積極的財産損害とは、死傷事故によって財産が減失・毀損したために生じた損害、あるいは死傷事故の結果実際に出資を余儀なくされたために生じた損害です。

具体的には、身体障害に伴うものとして治療関係費、付添看護日、将来の付添看護日があり、死亡に伴うものとして葬儀費がありますが、消極的財産損害とは、不法行為により死傷した被害者が仮に生きていたならばまたは負傷していなければ得られたであろう利益を得べかりし利益として、これが得られなかった利益(損害)となります。

消極的財産損害として具体的には、休業損害、逸失利益になります。

・物件損害 (物的損害、物損)

物件損害(物的損害、物損)とは、人身損害(人的損害、人損)以外の物的損害になります。

具体的には、事故車両の修理費、代車使用料(事故車両の修理期間または買替期間中のレンタカー使用等により代車を利用した場合の使用料)、休車損(営業者の事故の場合の当該車両使用不能期間中の当該車両を使用していたならば得たであろう利益)等がある。

交通事故・物損事故ドットコム