交通事故の加害者になってしまった場合に知っておきたいこと

交通事故の加害者になってしまった場合、精神的負担で「何をすればいいか分からない」という状況になってしまう方が少なくないでしょう。

今回は、交通事故の加害者になってしまった場合に知っておきたい事についてご参考になればと思います。

その1.交通事故の加害者に課せられる法律上の責任とは?

交通事故の加害者になってしまうと法律上どのような責任を負うのかについて。

(1)刑事上の責任

Ⅰ.過失運転致死傷罪
自動車事故の場合、被害結果が傷害であれば過失運転傷害罪被害結果が死亡であれば過失運転致死罪が科されます。
法定刑は、7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金。
Ⅱ.危険運転致死傷罪
自動車運転による交通事故のうち、特にその内容が悪質なものについては、Ⅰの「過失運転致死傷罪」ではなく、より重い「危険運転致死傷罪」が科されます。
例えば、正常な運転が困難なほどの飲酒状態または薬物使用運転、高速運転、技能不足運転、信号無視などの場合に適用されます。
法定刑は、危険運転傷害罪の場合には1月以上15年以下の懲役、危険運転致死罪の場合には1年以上20年以下の懲役。
Ⅲ.道路交通法違反
その他、事故後の救護義務を怠った場合や、無免許運転だった場合には、道路交通法違反として刑罰が科されることもあります。

(2)民事上の責任

交通事故の加害者は、民事上の責任として損害賠償責任を負います。すなわち加害者は被害者に対して被害者が被った損害(治療費、休業損害、慰謝料など)を賠償すべき責任を負います。

この損害賠償責任の根拠は、民法の不法行為責任となっており、特に自動車事故の場合には、この不法行為の特別類型である運行供用者としての責任が課されることもあります。

(3)行政上の責任

交通事故の加害者には行政上の責任として道路交通法に基づく行政処分が科されることになります。

具体的には、

  • 運転免許の停止や取消
  • 違反点数の加点
  • 反則金

などがあります。

次回、その2.交通事故の加害者になってしまった場合にはどうすればいい?をご紹介致します。