交通事故の加害者になってしまった場合に知っておきたいこと②

交通事故の加害者になってしまった場合にはどうすればいい?

前回に続きまして今回は交通事故の加害者になってしまった場合の対処方法についてご紹介します。

前回の記事「交通事故の加害者になってしまった場合に知っておきたいこと

(1)まずは負傷者救護と119番通報

交通事故が発生した場合(特に人身事故の場合)、まずは負傷者を救助して、119番通報することになります。

(2)二次被害を防止し道路の安全を確保

次に、二次被害を防止するために、他の車両の交通の妨げとならない場所に車などを移動させます。

また、もし車などが容易に移動できないようであれば、ハザードランプを付けたり、停止表示機材を設置したり、または発煙筒を使用するなどして後続車に注意を促すようにして下さい。

(3)110番通報

さらには、警察への連絡を忘れずにするようにして下さい。

人身事故であれば当然であるが、単なる物損事故であっても基本的には警察へ連絡することになります。

なかには、事故の当事者双方に怪我がない物損事故の場合や双方の車のミラーが軽くぶつかった程度の軽微な事故の場合には警察への連絡をしない人もいますが、後から警察に行く必要が生じる場合もあります。そうなってしまったらさらに手間が増すことになります。

そのため、どんな些細な事故であっても、警察への届出はするようにして下さい。

(4)警察へ事故状況を報告

110番通報をし、警察が来たら、交通事故の状況や物損の状況、負傷者の状況などをきちんと伝えるようにして下さい。

その後、人身事故の場合には、実況見分が行われることになります。

加害者の中には、早くこの場から逃れたいとの一心で、特に異議を述べずに警察の言う通りに事を済ませようとする人もいますが、後になってから実は状況が違うという主張は通りにくいので、早くこの場から逃れたい、という想いが強くなってしまったとしても踏ん張ってしっかりと事故の状況等をその場で伝えるようにして下さい。

(5)相手の連絡先を確認

示談は基本的に保険会社が間に入って進めることになります。

もっとも、当事者同士で示談の話を進める可能性もあるので、相手の名前や住所、連絡先、さらには車のナンバープレートなども控えておくようにしましょう。その際には、できれば相手の免許証を見せてもらって相手の名前や住所が間違っていないかをその場で確認して下さい。

(6)保険会社へ報告

任意保険に加入している場合には、損害保険会社または保険代理店へ交通事故の報告を行い、その後の指示を仰ぐようにして下さい。

なかには、軽微な物損事故だから自動車保険は使いたくないと考え、報告しない人もいるが、事故報告をしただけでは翌年の保険料が高くなったり、等級が下がったりすることはありません。

そのため、いち早く事故の報告をするとともに、今後の相談をするようにしましょう。

(7)被害者へのお見舞い・お詫び

人身事故の場合には、被害者へのお見舞いとお詫びを忘れないようにしましょう。

なかには、保険会社に任せているから自分はお見舞いに行かないという人もいるが、最終的に示談をするのは事故の当事者同士である。やはり誠意を持って相手にお詫びをするようにしましょう。

なお、被害者にお見舞いする際に気を付けたいことは、「その3、加害者が被害者にお見舞いする際に気を付けたいこと」で詳しく述べているので、こちらをお読み頂きたいと思います。